2012年08月31日

夏休み工作

絵描く顔カップ軽井沢に行きました。

ペイネ美術館の前に、ヤキモノ屋さんがあり(自分で色を付けられる)妹と作ってみました。

楽しかったが、なかなか色が思うように付かなかった(^_^;)

でも夏休み工作の良い想い出になりました

PS☆しかし、わたしは6年前にも同じ形の顔型カップにペイントしておりました。
家に帰ってから妹に指摘されて思い出した。

顔カップ
posted by マロン at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | たわいもない日常日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

image/2012-08-21T09:16:49-1.jpg母と海群馬は海無し県

小さい頃は千葉や新潟の海に行きました

夏が終わる頃…

海が静かになったら行こうかな\(☆o☆)/
posted by マロン at 09:19| Comment(2) | TrackBack(0) | たわいもない日常日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月17日

武蔵野うどん たまや(八王子)

ファンメニュータマキ武蔵野うどん たまやさんに行ってきました。

八王子は案外 うちからは新宿や吉祥寺にでるより近いがあまり行かなかったのですが、美味しいうどん屋さんがあると聞きまして、行ってきました。

たまやさんは以前でもTVで紹介されたそうですが、地元のファンキーモンキーベイビーズのメンバーもよく食べに来てくれるそうです

なのでメニューにはメンバーが考えた、ファンモンうどんがありました。(味はゴマ風味でマイルドに辛いが辛すぎない感じ)

麺もその日行ったら本日最後の麺でありました。
お店の看板娘 タマちゃんも夏休みで遊びに来てました\(☆o☆)/

ぜひ、八王子に行ったらチェキラしてください。
(営業時間などは事前に確認してください。フェイスブックの武蔵野うどんたまやであります。

基本的に、平日は夕方まで…
週末は夜まで…
日 祝日は定休日)
posted by マロン at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月15日

わたしは貝になりたい

写:大正・「TATSU」平和堂より
image/2012-08-16T00:18:27-1.jpg

今日は終戦記念日で、あらためて平和を祈ったり、戦争を考えたりした。
TVでも戦争の映画などやったりして・・。
戦争の話など聞いたり映像をみて、心が痛くなりますが、自分を含めて
戦争を知らない子供たちが増えているからこそ、戦争の怖さや痛みを聞いたり、
観たり、忘れないことが大切だと思いました。

今の世の中、戦争はなくても小さい戦争はある(いじめだったり・・
それは、学生だけではなく、大人になっても見えない意地悪をする人。)
そういうのを観るとまた悲しくなるけど・・・
相手は鏡!!

小さい戦争をなくしていきたいし、
そういう人のNOといえる勇気をもちたい。
今日はお墓参りにいこう

写:
「わたしは貝になりたい」のワンシーン、youtubeはマロンチックで「単細胞」
わたしは生きながらにして単細胞になりたい。
image/2012-08-15T23:55:45-1.jpg

posted by マロン at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

サッカー少年☆小さなオリンピック

サッカー父わたしの父は70歳!

現役でサッカー選手であり、中学生のコーチをしている。
父は若い時からサッカーを夢見ていた。

大学もサッカー推薦で行く
しかし家庭の事情により中退…
無念な気持ちを持ちながら田舎へ帰った。

田舎に帰ってからも、仕事を続けながら、サッカーチームに入って続けていた。

そのうち、中学生や高校生のコーチをボランティアで始める。

一にサッカー ニにサッカー 三四がなくて五にサッカー

いわゆる
《サッカー馬鹿である》
正直、小さいときは家にいない父を冷めた目で観ていときもあった(^_^;)
でも今、父が育てた生徒達が指導者になったり、Jリーガー選手になったり…

そういう父が果たせなかった夢や、また父の教えを受け継いでくれてる

娘の自分が言うのもなんだけど、父はサッカー版のスクールウォーズみたいだ。

弱かった学校が、強くなり、県大会で優勝したりと奇跡を起こす

が…さすがに、父も70歳

もうそろそろ、引退した方がよいのではないかと迷っていた。

そんな矢先、田舎の学校から「指導して欲しい」と…

そして父は、「この学校をサッカー人生の最後にしよう」と昨年から、田舎の学校へ指導しにいくことになった

けして強くないチームも徐々に力をつけてきた

そして今年の夏

中体連に勝ち…
県大会に行き…

ベスト8に入ることができた
(30年ぶりらしい)

もちろん、優勝はできなかったけど、練習と努力と信じてやれば必ず結果が出ること…

夢は叶うこと…

それを経験しただけでもすごいと思いました。

生徒だけでなく、生徒の父兄達や、学校全体が夢を見れる

もちろん、父も!

オリンピックのように、大きくはない

でも、田舎の中学生が夢にも見た県大会に行けたことで「いつか、ぼくもオリンピック選手になりたい」っと夢を見れるとわたしは思う&願います
わたしは父に言ったこと「お父さんおめでとう。また伝説を作ってしまったね。誇りです」 012.JPG








posted by マロン at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

とある夏の日

image/2012-08-06T22:37:15-1.jpg
posted by マロン at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

marrontic LIVE 写真

image/2012-08-06T22:44:30-1.jpgimage/2012-08-06T22:41:54-1.jpgimage/2012-08-06T22:43:45-1.jpg
posted by マロン at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イソノ家の夏休み

サザエさん憧れるな〜
posted by マロン at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オススメ映画「ピエロの赤い鼻」

.ピエロの赤い鼻毎週 お父さんが日曜日になると街の集会所でピエロになって人を笑わせる。

息子は、笑われている父がキライでした。
ピエロの赤い鼻
それを知った 父親の親友が、息子に「父親がピエロをやるっている理由」話す。
その理由の裏には、ドイツ軍に占領されていた時代のフランスで起きた話…そこで出逢ったピエロの話があった。 image/2012-08-06T22:35:54-1.jpg

posted by マロン at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オススメ映画《夏時間の大人たち》

逆上がり嫌われ松子や下妻物語、告白で知られている中島哲也監督の「夏時間の大人たち」作品をオススメします

最近の作品はカラフルだったりエンターテイメントな要素が多いが、この映画はゆっくり、のんびり、夏の昼下がりのような映画です


絵
体育の授業で鉄棒の逆上がりができない生徒がいた。

担任の先生はすぐ人生に例えて生徒に話す

「たかが逆上がりと思うかもしれないが、これは困難にぶつかったときそれを乗り越えるという人生の勉強です。

今ここで出来ないとあきらめたら大人になってつらいことにぶつかった
ときに必ず諦めて逃げ出すダメな人間になってしまうぞ!!」

そうに言われた主人公の小学生のタカシは家に帰ってからお父さん(岸部一徳)に質問する。


タカシ:
「ねぇ、子供のときにつらいことから逃げたら大人になったらダメ人間になる?
大人になったら子供のときのことなんか忘れちゃうよね?ねっ?(^_^)v」


お父さん:
「…忘れない…(・_・)」


タカシはダメな大人になってしまうのか?

小学生なりに色々葛藤しながら、逆上がりを練習する夏の日

タカシの両親も、遠い夏の子供の頃を思い出す

「子供のときって、こんな感じだったな…

つい、嘘をついてしまったな…

蛇女とかいると信じてしまったり…」

そんな、子供時代の夏の蝉がミンミン鳴く暑くて清々しい風景を思い出さずにはいられない。

なんか青い空みたく未来がまだ遠くにあった…

大人になるのは、ずっと遠い先で何も見えなかった…

ぜひ、子供のときの夏休みを思い出したい人はこの映画
本当にオススメです。


今の小学生はどんな夏休みを過ごしてるんだろう…



タカシの独り言
「ボクにはよくわからない

ボクのことも、世の中のいろんなことも

どうして木村先生には生徒の将来がわかるんだろう


どうして大きいおっぱいと、小さいおっぱいがあるんだろう

どうしてヤスノキヨミは買い食いをやめないんだろ

どうして、いじめる人といじめられる人がいるんだろう



どうして大人は時々子供みたいになってなっちゃうんだろう



どうして人は忘れてしまうことと忘れられないことがあるんだろう

どうして人はいなくなっちゃうんだろう


どうして涙がこぼれるんだろう… 」



posted by マロン at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

獣道美人画家の市場画伯

市場絵市場さん
posted by マロン at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ねらわれた学園

ねらわれた学園の主人公ユカの部屋にあこがれたな〜部屋部屋ねらわ
posted by マロン at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。